個人的深層無意識の散歩 ∴

  私の可処分領域へようこそ
  ここは収拾がつかなくなってきている多趣味を纏め
  好きなことを好きなように好き勝手述べる部屋

話題のあの映画を完全スル―してずっと観たいと思っていたレッドタートルを観てきた

ジブリ映画ってことですが監督はフランス人
ジブリってイメージで観てはいけないなと思い観に行きました

流山おおたかの森の映画館でレイトショーで上映
スクリーンはプレミアで席は広々
ラウンジのような待合質もありVIP感満載で小躍り

席はゆったりでしかも人は少ない観る側としてはとてもいい環境で観ることができました
興業的には寒そうですがそんなのこっちには関係ない

ノンストレスで席も倒して
家でみるようにリラックスして観賞

で、映画の感想ですが

解釈が観る側に投げっぱなしジャーマンスープレックスな映画でした

人それぞれの雑感があるのではないでしょうか

浦島太郎の起源といわれる浦嶋子伝説のように亀の女体化として観る

孤島で狂った主人公が死ぬまでに見た夢

神格化した亀が主人公にみせた夢と現実の狭間

亀が人間になるけれどもメルヘンとも言い切れない
かといって夢想とも言い切れない

押しつけがましいストーリーではなく
観る側次第で名作にも駄作にもなる映画でした

ちなみに自分はとても好き

火の鳥のようでもあり浦嶋子伝説のようでもあり夢想幻想世界でもあり
これっしょ!ッと言い切れないですが
自分は夢想と思いながら観ていました
主人公は亀の横で横たわった時点で死んだんだなぐらいで正直その辺はどうでもよく
深堀はしなくてもいいやといった感じです
そこを具体的に昇華するよりも見たものをそのまま感じたものが正解
深く掘り下げないで観るより感じたものが正解な作品

映画作品というより芸術作品でした
これはロングランはされないだろうし繰り返しリバイバル上映もされないような作品
間違いなく地上波でやることもないでしょう

これは観る前からなんとなくわかっていたので丁寧に作られている作品を大スクリーンで見ないのは損という思いでしたが
まさしくその通りでした

それをラグジュアリーな席で観れたのはラッキーでした


全体として淡く暗い世界観の作品でレッドタートルの登場シーンの鮮やか赤は見事でした
映画のなかに際立つ差し色として素晴らしかったです

正直あれだけでも一見の価値はあったと思っている

海の中の表現も秀逸で、亀の泳ぐ流麗さや息子が潜水したときの海の中の美しさなど際立って綺麗でした
夜のモノクロの表現も美しく全体として丁寧に作られていました

津波の表現も恐ろしかったです

ちなみに自分が無人島に流れ着いたらを反映すると最初に嵌った水たまりで閉所恐怖症な自分は発狂パニックになって死亡確実です


さてさて総じて面白かったです
もしまた大スクリーンでやるとしたらまた観たいと思えるそんな作品でした

ジブリが推すの作品で海外の作品は他にもDVDでみたことあるけれどもどれも表現が綺麗な作品が多いです
他のおすすめは『イリュージョニスト』
これは背景のタッチが素晴らしいです
ストーリーはあんまり覚えていないけどね!


アデュー

しばらく放置していた当ブログ
再開

昨日とても立派に成長しているマッ黒テッカテカのゴキブリが出ました
1時間にも及ぶバトルの末どこかにいきました


ゴキジェットもなく
打撃武器もなく
一時途方にくれましたが

「ゴキブリは体の油分がなくなると窒息して苦しんで死ぬ」

というのを思い出して
洗剤を武器に闘いましたよ

キャスター付きのテーブルのキャスターの隙間に入ったので
思いっきりそこに洗剤噴射したらすごい勢いで逃げていきましたが
広い部屋で家具がないので逃げ場などなく

天井を這っていました
呼吸困難になりかけてるのか動きが動かしくなり
やがて換気扇の隙間に入った瞬間中に堕ちた音を聞いたのを最後に気配がなくなりました
死んだか外に出たかこの戦い勝利といっていいのではないでしょうか

いざというときは洗剤有能であることが再確認されました

いずれにせよ死亡確認できなくてもやもやしたので
ゴキジェットとバルサンをAmazonでぽちりました


食事前だったのに食欲失せたわクソが

 
ブラックキャップがあるので帰宅時にもしかしたらズボンやカバンについていたのかもしれないと思うと
悍ましい 

最終日である
尾道を散策して最終日の最終目的地は高松

昼間は尾道の坂道を散策することとした

駅を背に左に行くと昨日みつけた銭湯があるアーケードの尾道本通りを歩く
朝食を食べられる場所を探しぶらぶらしていると昨日の銭湯に差し掛かる
汗かいたら風呂入ろうと思っていると何か様子が違う

と思ってみてみるとこの銭湯だと思っていたらカフェだった
銭湯をリノベーションしてカフェにしたらしい
つまり昨日は空いていようとどっちにしろここでは銭湯には入れなかったようです

ゆーゆー
IMG_8093

さてさてそんなゆーゆーを横目にさらに歩いていると
今度はモーニングをやっているカフェを発見

Cafe 1770
IMG_8094
モーニングは500円
コーヒーも美味しい

カフェと思って入ったらここはカフェはカフェだけれども2階から上はゲストハウスになっているとのこと
店内はこじんまりとしてオーナーさんの趣味が存分に発揮されているレイアウト
アメリカンな感じでとてもおしゃれ
そして釣り好きらしい
釣り竿いっぱいありました
IMG_8095

ちょっと話も弾んでモーニングだけのつもりが長々と話し込んでしまいました
次また尾道くるときはここに泊まろうと思った

オーナーさんも気さくで面白い方でした

HTSゲストハウス尾道
IMG_8096


 さてさて腹ごしらえも済みいざ尾道巡り
尾道=坂道と寺
そんなイメージなので山側へ向かい坂道散策と寺巡り

線路!
IMG_8130
IMG_8110
尾道は線路で街を分断しているような感じでした
線路の北は坂で寺で山で路地
線路の南は港で海で主要交通路

寺!
IMG_8105
IMG_8143
寺!!
IMG_8147
IMG_8173
寺!!!
IMG_8192
IMG_8235
寺は多すぎて全部みるには時間が足らぬ
ということでこれも適当に東から西に縦走し寺を巡る

スタンプラリーがあったのでスケッチブックにスタンプスタンプも楽しい

坂の上、丘の上にあるので眺めもいい
空気もよく天気も良い
なんとも散策日和
IMG_9256

眺めも良く瀬戸内海も綺麗に観れる
しまなみ海道もみえ
時間があればあの道を自転車で走りたい
IMG_9257

このときタイムリーに村上海賊の娘を読んでいたのだけれども
この瀬戸内の海を能島、因島、来島の村上海賊が席捲していたのだなぁと
村上海賊聖地巡礼もしてみたいと思った
IMG_9252

天寧寺にいたおばちゃんには五百羅漢は観ときなさいと言われ
勝手に中入れるからと中に入ってみたけれども
仏像だらけで壮観でした
IMG_8288
おそらく今回の最高峰西國寺では門の大わらじを描いている画家さんがいらした
絵が好きな私は思わず話しかけボールペンと絵具を使った描き方をレクチャーしてもらった
これも旅のいい出会いでした

その方のHPを教えて頂き帰宅後探してみたらキャリアも長い画家さんでした
気軽に話しかけてしまいごめんなさい(汗

外山昇氏
関東方面で個展があったら見に行きたい

IMG_8156

小学校もあった
こんな風情あり空広く坂の多い小学校に通えるここに住む子供たちは幸せですね
すれ違う子供たちは気軽に挨拶してきて人懐こく
都会の知らない人に話しかけない教育とは正反対
たまたま自分が出会った子供が人懐こいだけかもしれないけれども
それでも子供たちはどこかのびのび朗らかに感じた


そして路地!
IMG_9276
IMG_8213

坂道!
IMG_8162
IMG_8169

路地萌え!
IMG_8416

坂道萌え!!!
IMG_8417

尾道坂道小径
民家が立ち並び風情を醸し出しています
文学のこみちと呼ばれている道があったり
昭和の雰囲気をいまに残している街
IMG_9275
IMG_9267

登り続けて小径に入り散策していると
なんとも雰囲気のある門構えの家がありました
よくみると空中庭園と書かれていたり
どうやらここはカフェのよう

尾道ハーブ園ブーケダルブル

IMG_9266

小腹も減ったし喉も乾いていたのでここで小休止

ここが素晴らしく素敵であった
IMG_9269
IMG_9264

芸術家が作り上げている尾道イーハトーブというプロジェクト(?)の一つのようで
大正時代の古民家をリノベーションして野菜の畑とオープンテラスの
異国情緒漂いつつ大正ロマンも感じさせる作りのカフェはファンも多い様で
若い女の子を中心ににぎわっていた
外国人や家族連れ、ハーレー乗りのおじさんなど客層は多様
そこににわかバックパッカー我が現れ不思議な空間
IMG_9270

それぞれとても楽しんでいるようで暖かい雰囲気のカフェでした

イーハトーブは宮沢賢治の作品に出てくる宮沢賢治独特の表現だったような記憶があるが
気になる方は各々ググって下さい
IMG_9268
IMG_9274

そんな行き当たりばったりでみつけたカフェも旅の醍醐味
また来よう

そして猫!
IMG_8431


人に慣れすぎている猫がたくさんいました
カメラ構えると立ち止まりシャッターチャンスをくれる猫
IMG_8427
シャッタ向けると近づいてきて甘える猫
IMG_8433
無防備すぎる熟睡する猫
IMG_8254


猫のこみちなるものもあり 
IMG_9273
猫のこみちの名に恥じぬしっかり足跡がありました


続いて井戸おばあさん
歩いていたらおばあさんに話しかけられ
井戸の話をきかせれる
IMG_8444
分かりづらいけど井戸

尾道は戦前まで井戸がメインの水源だったようでそこかしこに井戸が残っているようです
いまは当然水道が引かれ井戸は姿を消したけれども
井戸おばあさんに案内され遺されている井戸をみることができた
滑舌が悪く話の半分は何言ってるか分からなかったけれどもいい井戸おばあさんでした
そして井戸おばあさんはその井戸の横の家に入ってそこのおばあさんと井戸端会議を始めていました

それを横目にお礼をいい坂道散歩の終盤を歩ききりました

旅ならではの出会いでした

高松へ向けて岡山行きの電車を待つ間
グルメを楽しむ
尾道ラーメン
IMG_8458


港で涼む
イーハトーブのカフェで聞いた話では
昔は雁木がたくさんあったとのこと
雁木ってなんぞ?って思ったら
帰宅後たまたまみたブラタモリの広島で取り上げられていた
階段状の船着き場とのこと
潮汐で水面の変化に対応した船着き場だったのでしょう
「知恵」ですね

それがもうほとんどなくなってしまったとイーハトーブで教えてくれた店員さんは嘆いておりました

尾道と向島を結ぶフェリーのピストンはパワフルでした
往復10分ぐらい?
すぐそこにある陸地ですが向かいに見えたのは本州ではなく向島でした

IMG_8453



また来たい
そう思えるスポットがたくさんあり
しかも坂があり魅力あふれる街それが尾道でした
絶対また来ようそうしよう


ゴール地点高松に行くのに岡山ではただ乗り換えて
ラッシュの始まりかけた高松行の列車に揺られ高松に到着
IMG_8502

横浜行の列車には2時間近くあったので観光案内所で温泉入れるところをきき
一風呂浴びた

港に行くと夜だし誰もいない静寂の中とぼとぼと 歩き旅を振り返る
気が付けば出発前の鬱々とした気持ちはしっかりと流れ去り
気分はとても晴れやかな中旅をしめくくることができた
IMG_8497

きっと表情にも出ていたのだろう
井戸おばあちゃんが話しかけてきたのはきっと明るい表情をしていたからなんだろうな

旅はもともと好きだった
ここまでやっていなかったのはもったいなかったとおもいつつ
ここでまた旅の面白さに気づくことができ
これが数年後でなくてよかったのは幸せだ

これからも旅をして心の洗濯と命の濯ぎを行っていきたいと思った旅は
青春18きっぷの旅番外編―寝台列車サンライズ瀬戸B寝台個室―で更にハマった
IMG_8525

旅最高である
また行こう
装備も整えよう

↑このページのトップヘ